Cover
Front
BUD POWELL
SWINGIN' WITH BUD/BUD POWELL/ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じる作品です。
¥1,500 (Tax in)
SWINGIN' WITH BUD/BUD POWELL/ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じる作品です。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > SWINGIN' WITH BUD/BUD POWELL/ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じる作品です。
Made in JPN
Ref No:4533
Condition: Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
SWINGIN' WITH BUD/BUD POWELL/ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じる作品です。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > SWINGIN' WITH BUD/BUD POWELL/ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じる作品です。
Made in JPN
Ref No:4533
Condition: Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
BUD POWELL
SWINGIN' WITH BUD/BUD POWELL/ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じる作品です。
¥1,500 (Tax in)
Add to Cart Sold Out
ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。
肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが、本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じ、「ソルト・ピーナッツ」のような少々外した選曲が微笑ましさを醸し出し、何よりパウエルが非常に楽しそうに演奏しているのが聞いて取れる良い作品です。
’81国内盤(RJL-2514(M)), Mono。

Bud Powell(p),
  • George Duvivier(b),
  • Art Taylor(ds)
 
A1. Another Dozen
A2. Almost Like Being In Love
A3. Salt Peanuts
A4. She
A5. Swedish Pastry
B1. Shawnuff
B2. Oblivion
B3. In The Blue Of The Evening
B4. Get It
B5. Birdland Blues
B6. Midway
 
  • "Another Dozen"
  • "In The Blue Of The Evening"
  • "Birdland Blues"

Category: Jazz > SWINGIN' WITH BUD/BUD POWELL/ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じる作品です。
Made in JPN
Ref No:4533
Condition: Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
Sold Out
ジョージ・デュヴィヴィエ、アート・テイラー、2人の名手と57年RCAに吹き込んだトリオ作。
肉体、精神的なコンディションが悪化し優劣の差が激しい時期の録音ではあるが、本作は非常に優れた内容で力強い躍動的なタッチと情熱を感じ、「ソルト・ピーナッツ」のような少々外した選曲が微笑ましさを醸し出し、何よりパウエルが非常に楽しそうに演奏しているのが聞いて取れる良い作品です。
’81国内盤(RJL-2514(M)), Mono。

Bud Powell(p),
  • George Duvivier(b),
  • Art Taylor(ds)
 
A1. Another Dozen
A2. Almost Like Being In Love
A3. Salt Peanuts
A4. She
A5. Swedish Pastry
B1. Shawnuff
B2. Oblivion
B3. In The Blue Of The Evening
B4. Get It
B5. Birdland Blues
B6. Midway
 
  • "Another Dozen"
  • "In The Blue Of The Evening"
  • "Birdland Blues"