Cover
Front
VICTOR FELDMAN
THE ARRIVAL OF VICTOR FELDMAN/VICTOR FELDMAN/ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、作曲家、英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが渡米後58年の初リーダー作 。トリオ編成でベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが。このラファロのベースは...必聴!
¥1,500 (Tax in)
THE ARRIVAL OF VICTOR FELDMAN/VICTOR FELDMAN/ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、作曲家、英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが渡米後58年の初リーダー作 。トリオ編成でベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが。このラファロのベースは...必聴!

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > THE ARRIVAL OF VICTOR FELDMAN/VICTOR FELDMAN/ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、作曲家、英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが渡米後58年の初リーダー作 。トリオ編成でベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが。このラファロのベースは...必聴!
Made in JPN
Ref No:4323
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
THE ARRIVAL OF VICTOR FELDMAN/VICTOR FELDMAN/ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、作曲家、英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが渡米後58年の初リーダー作 。トリオ編成でベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが。このラファロのベースは...必聴!

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > THE ARRIVAL OF VICTOR FELDMAN/VICTOR FELDMAN/ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、作曲家、英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが渡米後58年の初リーダー作 。トリオ編成でベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが。このラファロのベースは...必聴!
Made in JPN
Ref No:4323
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
VICTOR FELDMAN
THE ARRIVAL OF VICTOR FELDMAN/VICTOR FELDMAN/ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、作曲家、英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが渡米後58年の初リーダー作 。トリオ編成でベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが。このラファロのベースは...必聴!
¥1,500 (Tax in)
Add to Cart Sold Out
  • ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、ドラム、パーカッションもこなし作曲家としても活躍する英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが55年渡米後、58年コンテンポラリーに吹き込んだ初リーダー作。
  • 作曲家としての才能を生かした本作はフェルドマンのオリジナルが10曲中5曲、他マイルス(A1)、ガレスピー (B1)、エリントン(B5)等の楽曲を取り上げている。
  • フェルドマンは曲によってピアノとヴィブラフォンを使い分け、トリオ編成でドラムに西海岸を代表する1人、スタン・レヴィー。
  • ベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが参加!
  • で、このラファロのベースがやばいです。
  • アンプを通しているかのようなブンブン唸るパワー・ベース。
  • 指で弾いているとは思えない!!
  • このベースを聴くだけでも価値ありです。
  • ps. このジャケットは何だ!
  • 一歩譲ってタキシードのフェルドマンは良いとして、水夫のようなラファロとレヴィー、笑ってしまいます。
  • 僕は好きですが。

'79国内盤(P-7595), Stereo。
 
  • Scott La Faro(b),
  • Stan Levey(ds),
  • Victor Feldman(vib, p)
 
A1. Serpent's Tooth
A2. Waltz
A3. Chasing Shadows
A4. Flamingo
A5. S' Posin
B1. Bebop
B2. There Is No Greater Love
B3. Too Blue
B4. Minor Lament
B5. Satin Doll

"Serpent's Tooth"
"Bebop"
"Satin Doll"
Category: Jazz > THE ARRIVAL OF VICTOR FELDMAN/VICTOR FELDMAN/ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、作曲家、英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが渡米後58年の初リーダー作 。トリオ編成でベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが。このラファロのベースは...必聴!
Made in JPN
Ref No:4323
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
Sold Out
  • ピアニスト、ヴィブラフォン奏者、ドラム、パーカッションもこなし作曲家としても活躍する英出身の才人ヴィクター・フェルドマンが55年渡米後、58年コンテンポラリーに吹き込んだ初リーダー作。
  • 作曲家としての才能を生かした本作はフェルドマンのオリジナルが10曲中5曲、他マイルス(A1)、ガレスピー (B1)、エリントン(B5)等の楽曲を取り上げている。
  • フェルドマンは曲によってピアノとヴィブラフォンを使い分け、トリオ編成でドラムに西海岸を代表する1人、スタン・レヴィー。
  • ベースに翌年エヴァンス・トリオに加入するスコット・ラファロが参加!
  • で、このラファロのベースがやばいです。
  • アンプを通しているかのようなブンブン唸るパワー・ベース。
  • 指で弾いているとは思えない!!
  • このベースを聴くだけでも価値ありです。
  • ps. このジャケットは何だ!
  • 一歩譲ってタキシードのフェルドマンは良いとして、水夫のようなラファロとレヴィー、笑ってしまいます。
  • 僕は好きですが。

'79国内盤(P-7595), Stereo。
 
  • Scott La Faro(b),
  • Stan Levey(ds),
  • Victor Feldman(vib, p)
 
A1. Serpent's Tooth
A2. Waltz
A3. Chasing Shadows
A4. Flamingo
A5. S' Posin
B1. Bebop
B2. There Is No Greater Love
B3. Too Blue
B4. Minor Lament
B5. Satin Doll

"Serpent's Tooth"
"Bebop"
"Satin Doll"