Cover
Front
JOE BURTON
JOE BURTON SESSION/JOE BURTON/マイナー・ピアニストではあるがマニアの間では非常に人気の高い通好みの耽美派ピアニスト、ジョー・バートン。多彩な展開を見せながら淡々と抑揚を抑えたプレイで時にハードな側面も見せ彼独自の美学を感じさせる56年のピアノ・トリオ作。
¥1,500 (Tax in)
JOE BURTON SESSION/JOE BURTON/マイナー・ピアニストではあるがマニアの間では非常に人気の高い通好みの耽美派ピアニスト、ジョー・バートン。多彩な展開を見せながら淡々と抑揚を抑えたプレイで時にハードな側面も見せ彼独自の美学を感じさせる56年のピアノ・トリオ作。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > JOE BURTON SESSION/JOE BURTON/マイナー・ピアニストではあるがマニアの間では非常に人気の高い通好みの耽美派ピアニスト、ジョー・バートン。多彩な展開を見せながら淡々と抑揚を抑えたプレイで時にハードな側面も見せ彼独自の美学を感じさせる56年のピアノ・トリオ作。
Made in JPN
Ref No:4181
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
JOE BURTON SESSION/JOE BURTON/マイナー・ピアニストではあるがマニアの間では非常に人気の高い通好みの耽美派ピアニスト、ジョー・バートン。多彩な展開を見せながら淡々と抑揚を抑えたプレイで時にハードな側面も見せ彼独自の美学を感じさせる56年のピアノ・トリオ作。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > JOE BURTON SESSION/JOE BURTON/マイナー・ピアニストではあるがマニアの間では非常に人気の高い通好みの耽美派ピアニスト、ジョー・バートン。多彩な展開を見せながら淡々と抑揚を抑えたプレイで時にハードな側面も見せ彼独自の美学を感じさせる56年のピアノ・トリオ作。
Made in JPN
Ref No:4181
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
JOE BURTON
JOE BURTON SESSION/JOE BURTON/マイナー・ピアニストではあるがマニアの間では非常に人気の高い通好みの耽美派ピアニスト、ジョー・バートン。多彩な展開を見せながら淡々と抑揚を抑えたプレイで時にハードな側面も見せ彼独自の美学を感じさせる56年のピアノ・トリオ作。
¥1,500 (Tax in)
Add to Cart Sold Out
マイナー・ピアニストではあるが、ジェーン・ラッセルの歌伴奏やアニタ・オデイとの共演、作曲家としても活躍していた、マニアの間では非常に人気の高い耽美派ピアニスト、ジョー・バートンがCoralレコードに残した56年録音の数少ないリーダー作の内の1枚。
トリスターノからの影響であろう冷静に淡々と抑揚を抑えたクールな演奏が多くエヴァンスを思わせる美学も感じさせるが、パウエルを最も好きなピアニストに挙げる彼は時に感情を表すハードな側面も見せる。
本作はスタンダードを中心にそんな彼の魅力を余す事なく伝えるピアノ・トリオ作です。
国内盤(MVJJ-30007), MONO。

Joe Burton(p),
Pete Compo(b),
Maurice Marks(ds)
 
A1. Lullaby of the Leaves
A2. Undecided
A3. Rosetta
A4. Pennies from Heaven
A5. Bernie's Tune
A6. Sometimes I'm Happy
B1. Almost Like Being In Love
B2. Please Don't Talk About Me When I'm Gone
B3. It's Easy To Remember
B4. La Rosita
B5. Albert's Blues
B6. Yardbird Suite

Category: Jazz > JOE BURTON SESSION/JOE BURTON/マイナー・ピアニストではあるがマニアの間では非常に人気の高い通好みの耽美派ピアニスト、ジョー・バートン。多彩な展開を見せながら淡々と抑揚を抑えたプレイで時にハードな側面も見せ彼独自の美学を感じさせる56年のピアノ・トリオ作。
Made in JPN
Ref No:4181
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
Add to Cart
マイナー・ピアニストではあるが、ジェーン・ラッセルの歌伴奏やアニタ・オデイとの共演、作曲家としても活躍していた、マニアの間では非常に人気の高い耽美派ピアニスト、ジョー・バートンがCoralレコードに残した56年録音の数少ないリーダー作の内の1枚。
トリスターノからの影響であろう冷静に淡々と抑揚を抑えたクールな演奏が多くエヴァンスを思わせる美学も感じさせるが、パウエルを最も好きなピアニストに挙げる彼は時に感情を表すハードな側面も見せる。
本作はスタンダードを中心にそんな彼の魅力を余す事なく伝えるピアノ・トリオ作です。
国内盤(MVJJ-30007), MONO。

Joe Burton(p),
Pete Compo(b),
Maurice Marks(ds)
 
A1. Lullaby of the Leaves
A2. Undecided
A3. Rosetta
A4. Pennies from Heaven
A5. Bernie's Tune
A6. Sometimes I'm Happy
B1. Almost Like Being In Love
B2. Please Don't Talk About Me When I'm Gone
B3. It's Easy To Remember
B4. La Rosita
B5. Albert's Blues
B6. Yardbird Suite