Cover
Front
RAY BRYANT TRIO
CON ALMA/RAY BRYANT TRIO/派手ではないが繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの最高傑作と呼ぶにふさわしい60年録音作。彼のオリジナルも含め魅力的な選曲で名曲の数々を美しいメロディで奏でる非常に内容の良いアルバム。
¥1,500 (Tax in)
CON ALMA/RAY BRYANT TRIO/派手ではないが繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの最高傑作と呼ぶにふさわしい60年録音作。彼のオリジナルも含め魅力的な選曲で名曲の数々を美しいメロディで奏でる非常に内容の良いアルバム。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > CON ALMA/RAY BRYANT TRIO/派手ではないが繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの最高傑作と呼ぶにふさわしい60年録音作。彼のオリジナルも含め魅力的な選曲で名曲の数々を美しいメロディで奏でる非常に内容の良いアルバム。
Made in JPN
Ref No:4117
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
CON ALMA/RAY BRYANT TRIO/派手ではないが繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの最高傑作と呼ぶにふさわしい60年録音作。彼のオリジナルも含め魅力的な選曲で名曲の数々を美しいメロディで奏でる非常に内容の良いアルバム。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > CON ALMA/RAY BRYANT TRIO/派手ではないが繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの最高傑作と呼ぶにふさわしい60年録音作。彼のオリジナルも含め魅力的な選曲で名曲の数々を美しいメロディで奏でる非常に内容の良いアルバム。
Made in JPN
Ref No:4117
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
RAY BRYANT TRIO
CON ALMA/RAY BRYANT TRIO/派手ではないが繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの最高傑作と呼ぶにふさわしい60年録音作。彼のオリジナルも含め魅力的な選曲で名曲の数々を美しいメロディで奏でる非常に内容の良いアルバム。
¥1,500 (Tax in)
Add to Cart Sold Out
繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの名盤。
日本ではそれほど評価されているように思われないが、マイルスやソニー・ロリンズなどとともに歴史に残る名演を残している事からも分かるように非常に優れたピアニストであり、バド・パウエルやアート・テイタムの影響が見受けられる彼の演奏は派手さは無いものの、その根底にはブルースがあり渋さの中に光るものを持った聞き込むほどに魅力的なプレイヤーです。
60年に録音された本作(A2のみ61年)はアート・ブレイキーの名レパートリーでもある"Cubano Chant"を含め彼のオリジナルが2曲、その他はガレスピー、マイルス、モンク、エリントン他、スタンダードの名曲の数々を美しいメロディで奏でる彼の最高傑作と呼ぶにふさわしいアルバムです。
国内盤(23AP 91), シュリンク付き。
 
  • Arthur Harper (b: A2), 
  • Bill Lee (b: A1, A3 to B4),
  • Mickey Roker (dr),
  • Ray Bryant (p)
 
A1 Con Alma
A2 Milestones
A3 Ill Wind
A4 Nuts And Bolts
B1 Cubano Chant
B2 'Round Midnight
B3 Autumn Leaves
B4 C Jam Blues

"Con Alma
"'Round Midnight"
"Cubano Chant"
Category: Jazz > CON ALMA/RAY BRYANT TRIO/派手ではないが繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの最高傑作と呼ぶにふさわしい60年録音作。彼のオリジナルも含め魅力的な選曲で名曲の数々を美しいメロディで奏でる非常に内容の良いアルバム。
Made in JPN
Ref No:4117
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
Add to Cart
繊細なタッチと歌心、ブルース感を持ち合わせる名ピアニスト、レイ・ブライアントの名盤。
日本ではそれほど評価されているように思われないが、マイルスやソニー・ロリンズなどとともに歴史に残る名演を残している事からも分かるように非常に優れたピアニストであり、バド・パウエルやアート・テイタムの影響が見受けられる彼の演奏は派手さは無いものの、その根底にはブルースがあり渋さの中に光るものを持った聞き込むほどに魅力的なプレイヤーです。
60年に録音された本作(A2のみ61年)はアート・ブレイキーの名レパートリーでもある"Cubano Chant"を含め彼のオリジナルが2曲、その他はガレスピー、マイルス、モンク、エリントン他、スタンダードの名曲の数々を美しいメロディで奏でる彼の最高傑作と呼ぶにふさわしいアルバムです。
国内盤(23AP 91), シュリンク付き。
 
  • Arthur Harper (b: A2), 
  • Bill Lee (b: A1, A3 to B4),
  • Mickey Roker (dr),
  • Ray Bryant (p)
 
A1 Con Alma
A2 Milestones
A3 Ill Wind
A4 Nuts And Bolts
B1 Cubano Chant
B2 'Round Midnight
B3 Autumn Leaves
B4 C Jam Blues

"Con Alma
"'Round Midnight"
"Cubano Chant"