Cover
Front
DON BYAS, BUD POWELL
A TRIBUTE TO CANNONBALL/DON BYAS, BUD POWELL/共に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと名ピアニスト、バド・パウエルが現地のミュージシャンと行った61年パリでのセッション。プロデュースはキャノンボール・アダレイ。バイアス、パウエルの貴重な共演。
¥1,500 (Tax in)
A TRIBUTE TO CANNONBALL/DON BYAS, BUD POWELL/共に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと名ピアニスト、バド・パウエルが現地のミュージシャンと行った61年パリでのセッション。プロデュースはキャノンボール・アダレイ。バイアス、パウエルの貴重な共演。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > A TRIBUTE TO CANNONBALL/DON BYAS, BUD POWELL/共に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと名ピアニスト、バド・パウエルが現地のミュージシャンと行った61年パリでのセッション。プロデュースはキャノンボール・アダレイ。バイアス、パウエルの貴重な共演。
Made in JPN
Ref No:3827
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
A TRIBUTE TO CANNONBALL/DON BYAS, BUD POWELL/共に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと名ピアニスト、バド・パウエルが現地のミュージシャンと行った61年パリでのセッション。プロデュースはキャノンボール・アダレイ。バイアス、パウエルの貴重な共演。

Sold Out
Other
Image
Category: Jazz > A TRIBUTE TO CANNONBALL/DON BYAS, BUD POWELL/共に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと名ピアニスト、バド・パウエルが現地のミュージシャンと行った61年パリでのセッション。プロデュースはキャノンボール・アダレイ。バイアス、パウエルの貴重な共演。
Made in JPN
Ref No:3827
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
DON BYAS, BUD POWELL
A TRIBUTE TO CANNONBALL/DON BYAS, BUD POWELL/共に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと名ピアニスト、バド・パウエルが現地のミュージシャンと行った61年パリでのセッション。プロデュースはキャノンボール・アダレイ。バイアス、パウエルの貴重な共演。
¥1,500 (Tax in)
Add to Cart Sold Out
61年パリ録音
多くのジャズメンからリスペクトされつつも40年代半ばには早々に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと晩年フランスに移住していたモダンジャズ・ピアノの第一人者、バド・パウエル、同じくパリに移住していたドラマーのケニー・クラークと現地のミュージシャンと共に61年パリで行ったセッション。
プロデュースはキャノンボール・アダレイ。
キャノンボールの死後79年にリリースされたので「キャノンボールに捧ぐ」というタイトルになっていると思われます。
ピエール・ミシェロットのオリジナル2曲以外はスタンダードでバイアスの重厚でありながら柔らかく流れるようなテナーにパウエルの調子も良く、バラード
"I Remember Clifford" 等は聞きものです。
国内盤(20AP 1802)。

Don Byas(ts),
Bud Powell(p),
Idrees Sulieman(tp),
Pierre Michelot(b),
Kenny Clarke(ds)
 
A1. Just One Of Those Things
A2. Jackie My Little Cat
A3. Cherokee
A4. I Remember Clifford
A5. Good Bait
B1. Jeannine
B2. All The Things You Are
B3. Jackie
B4. Myth

"I Remember Clifford"
"Jeannine"
Category: Jazz > A TRIBUTE TO CANNONBALL/DON BYAS, BUD POWELL/共に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと名ピアニスト、バド・パウエルが現地のミュージシャンと行った61年パリでのセッション。プロデュースはキャノンボール・アダレイ。バイアス、パウエルの貴重な共演。
Made in JPN
Ref No:3827
Condition:Used | EX+ / EX+
Condition (Jacket / Disc):
M(Mint) : New
NM:Near Mint
EX+:Excellent+
EX:Excellent
EX−:Excellent−
VG+:Very Good+
VG:Very Good
VG−:Very Good−
G:Good
G−:Good−
Add to Cart
61年パリ録音
多くのジャズメンからリスペクトされつつも40年代半ばには早々に渡欧していた伝説のテナー・マン、ドン・バイアスと晩年フランスに移住していたモダンジャズ・ピアノの第一人者、バド・パウエル、同じくパリに移住していたドラマーのケニー・クラークと現地のミュージシャンと共に61年パリで行ったセッション。
プロデュースはキャノンボール・アダレイ。
キャノンボールの死後79年にリリースされたので「キャノンボールに捧ぐ」というタイトルになっていると思われます。
ピエール・ミシェロットのオリジナル2曲以外はスタンダードでバイアスの重厚でありながら柔らかく流れるようなテナーにパウエルの調子も良く、バラード
"I Remember Clifford" 等は聞きものです。
国内盤(20AP 1802)。

Don Byas(ts),
Bud Powell(p),
Idrees Sulieman(tp),
Pierre Michelot(b),
Kenny Clarke(ds)
 
A1. Just One Of Those Things
A2. Jackie My Little Cat
A3. Cherokee
A4. I Remember Clifford
A5. Good Bait
B1. Jeannine
B2. All The Things You Are
B3. Jackie
B4. Myth

"I Remember Clifford"
"Jeannine"